持続化給付金の不正受給について

事件の概要 新型コロナウイルスの影響を受けた事業者などを対象に国から支給される「持続化給付金」を不正に受給する事件が全国で相次いでいます。 今年7月に埼玉県在住の男子大学生が個人事業者であると装い、虚偽の申請を行って給付金を受給したとして全国で初めて逮捕されましたが、その後も同様の事件による逮捕者が増えています ……

続きを読む

不起訴処分告知書について 

検察官が事件を起訴するか不起訴にするかを判断します。 起訴された場合は「起訴状」が手元に届きますので、自分が起訴されたことがわかります。 しかし、不起訴となる場合は、実は何も通知は届きません。 検察庁で検察官の取り調べを受けたときに、はっきりと「不起訴にする予定」と言われることもありますが、「今後何も連絡 ……

続きを読む

起訴/不起訴について 

事件が警察から検察へと移り、最終的に検察官が「起訴」するか「不起訴」にするかを判断します。日本の刑事訴訟法では、「起訴独占主義」といって、検察官だけに起訴不起訴を決定できる権限が与えられています。 このコラムでは、この「起訴」「不起訴」とはどういう意味なのか解説します。   「起訴」とは 起訴 ……

続きを読む

あおり運転厳罰化 弁護士 江畑博之

令和2年6月30日、あおり運転の厳罰化を盛り込んだ改正道路交通法が施行されました。 これまであおり運転は法律上、明確な定義がなかったため、道路交通法における車間距離の保持義務違反や刑法の暴行罪などを適用して、取り締まりを行ってきました。 しかし、刑法上の立証が困難であることや被害者に具体的な被害がない場合に ……

続きを読む

新型コロナウイルスに便乗した詐欺にご注意を! 弁護士 江畑博之

新型コロナウイルスに便乗した詐欺被害が全国各地で発生しています。 警察庁の発表によれば、令和2年3月上旬から4月27日までの期間で判明しているもので、13都道府県で計32件、被害額は計3117万円に上るとのことです。 警察などによれば、以下のような新型コロナの被害が確認されています。   ……

続きを読む

執行猶予について

刑事事件のニュースをみると「懲役〇年、執行猶予〇年」という言い方をよく目にします。この執行猶予とは、一定の期間、刑の執行を猶予するということです。有罪の場合に、刑の言い渡しと同時に言い渡すこととされています(「執行猶予付き判決」と言うこともあります)。この執行猶予期間中に新たな犯罪に及んでしまい、禁固以上の刑罰が科され ……

続きを読む

刑事事件のご相談は美咲総合法律税務事務所へ

025-288-0170

受付時間 平日 9:30〜 18:00
相談時間 平日 9:30〜 18:00(土・日・祝日応相談)

メールでのお問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

刑事事件のご相談は美咲総合法律税務事務所へ

025-288-0170

受付時間 平日 9:30〜 18:00
相談時間 平日 9:30〜 18:00(土・日・祝日応相談)

メールでのお問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら