【解決事例 詐欺、偽造有印公文書行使】偽造された免許証を使用して携帯電話をだまし取るという組織的犯罪に関与したが、執行猶予が付いた事例

依頼者は、関東地方に在住でしたが、偽造された免許証を使用して、契約した携帯電話を受け取るという闇バイトに関与し、新潟県内で多数の携帯電話をだまし取る行為に関与してしまいました。 偽造された免許証を使用する行為は、「偽造有印公文書行使」という犯罪に該当し、法定刑が、1年以上10年以下という重い罪です。また、本件は、組織 ……

続きを読む

【解決事例 新潟県迷惑行為等防止条例違反】

依頼者は、酒に酔って酩酊状態になり、自宅付近の他人宅の敷地に侵入して、他人宅の窓を開けようとした等という行為に及びました。 依頼者が窓を開けようとした部屋が女性の部屋であったため、被害者の女性が警察に通報し、依頼者は、新潟県迷惑行為等防止条例違反で検挙されることになりました。 当事務所の対応 依頼者から弁護人とし ……

続きを読む

【解決事例 窃盗事件】

依頼者は、被害者の敷地内にある銅線を盗んだという事実で起訴(公判請求)されました。 事実関係には争いはなかったため、裁判では情状面の主張を行いました。 具体的には、被害弁償を行っていること、依頼者の姉が今後の監督を約束していること、本人が反省していること等を主張しました。また、依頼者には前科があったものの、 ……

続きを読む

【解決事例】業務上横領が発覚し、元勤務先から責任追及を受けたが、示談が成立し、刑事告訴を回避することに成功した事例

ご依頼の内容 元勤務先でした業務上横領が発覚し、元勤務先から事情聴取等の連絡を受けました。今後の対応を一人で行うことに強い不安があったことから、当事務所にご依頼をされました。 弁護士が行った活動 当事務所はまず業務上横領の実態を聴き取りしました。手口としては単純で、会社の口座からお金を引き出していたというものでし ……

続きを読む

特殊詐欺のリクルーターの事案について、不起訴処分となった事例

本件は、被疑者が特殊詐欺のリクルーターの役割を果たしたとして、逮捕・勾留された事案です。リクルーターとは、第三者を詐欺グループの受け子として引き入れるような紹介者としての役割を果たす者のことです。 本件のような事案では、末端の受け子が、複数の犯罪を犯していることが多いため、逮捕・勾留が複数回行われることがあり、身柄拘 ……

続きを読む

窃盗罪について、起訴猶予を獲得した事例

スーパーにおいて、食料品を万引きし、その結果逮捕・勾留されてしまったという事案です。 窃盗罪のような個人の財産に対する罪については、被害弁償をして、被害を回復することが、刑事処分にとって大変有利に働きます。 本件でも、被疑者にはさしたる前科がなかったため、被害弁償をすれば、起訴猶予処分となる可能性が高いと思われた事 ……

続きを読む

【解決事例 窃盗事件】

依頼者は、当時勤務していた会社の銅線を盗んだという事実で逮捕され、起訴(公判請求)されました。 依頼者は、過去に別の事実で起訴され、執行猶予付きの判決が下されており、今回の事件は執行猶予期間中に起こしたものでした。 事実関係には争いはなかったため、裁判では情状面の主張を行いました。 具体的には、依頼者の母から今後 ……

続きを読む

盗撮、公然わいせつ等の被告人について被害弁償などを行い、執行猶予判決を獲得した事例

事案の概要 盗撮や公然わいせつにより在宅で捜査を受けることになった方からご依頼を受けました。 弁護士の活動内容 前歴があったため、刑事裁判(公判請求)になることはほぼ確実な状況でした。 しかし、被害弁償をすることで、不起訴の獲得もできる場合がありますし、たとえ公判請求されたとしても執行猶予を確保することができる ……

続きを読む

【解決事例 廃棄物処理法違反事件】

依頼者は、自分が請け負った建物解体工事で出たコンクリート殻などの産業廃棄物を、許可を得ずに地中に埋めたとの容疑で起訴(公判請求)されました。事実関係には争いはなかったため、裁判では情状面の主張を行いました。 具体的には、配偶者から今後の監督等について証言してもらい、また、本人から反省・謝罪の弁をお話ししていただきまし ……

続きを読む

大麻取締法 組織的犯罪で保釈が認められ、求刑から 6 月の減刑が認められた 事案

事案の概要 大麻をグループで有償販売し、その犯行を主導したということで逮捕されました。 弁護士の活動 ご家族の方からご連絡をいただき、その日のうちに警察署へ面会(接見)に行きました。 事情を確認した上で、ある程度長期になるという見通しを説明した上で、ご依頼いただきました。 実際、その後再逮捕・再勾留が何度 ……

続きを読む

刑事事件のご相談は美咲総合法律税務事務所へ

025-288-0170

受付時間 平日 9:30〜 18:00
相談時間 平日 9:30〜 18:00(土・日・祝日応相談)

メールでのお問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

刑事事件のご相談は美咲総合法律税務事務所へ

025-288-0170

受付時間 平日 9:30〜 18:00
相談時間 平日 9:30〜 18:00(土・日・祝日応相談)

メールでのお問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら