【解決事例 窃盗事件】

依頼者は、被害者の敷地内にある銅線を盗んだという事実で起訴(公判請求)されました。

事実関係には争いはなかったため、裁判では情状面の主張を行いました。

具体的には、被害弁償を行っていること、依頼者の姉が今後の監督を約束していること、本人が反省していること等を主張しました。また、依頼者には前科があったものの、10年以上前の前科であったことに加え、本件とは別の犯罪に関する前科であったため、前科は重く考慮すべきではないことも主張しました。

上記の情状面の主張が考慮され、裁判所からは執行猶予付きの判決がくだされました。(弁護士 江畑博之)

掲載日:2024年3月14日

刑事事件のご相談は美咲総合法律税務事務所へ

025-288-0170

受付時間 平日 9:30〜 18:00
相談時間 平日 9:30〜 18:00(土・日・祝日応相談)

メールでのお問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

刑事事件のご相談は美咲総合法律税務事務所へ

025-288-0170

受付時間 平日 9:30〜 18:00
相談時間 平日 9:30〜 18:00(土・日・祝日応相談)

メールでのお問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら