【解決事例 盗撮事件】自首に同行して逮捕を回避した事例

依頼者は、スマートフォンで女性のスカートの中を盗撮する行為を繰り返していたところ、自分の周辺を警察官らしき人物が、捜査や聞き込みをしていることを察知しました。自分に捜査の手が及んでいると感じた依頼者は、弁護士に相談しました。

弁護人として依頼を受けることになったため、弁護人から警察に対し、弁護人が責任をもって自主させると伝え、逮捕を待つように依頼するとともに、後日、自首に同行しました。

事案としては、逮捕等の身柄拘束される可能性も高い事案でしたが、逮捕されることなく在宅案件として処理されました。また、結果として、自ら警察に自首したことや、反省を示していることが評価され、不起訴処分になりました。(弁護士 江幡賢)

刑事事件のご相談は美咲総合法律税務事務所へ

025-288-0170

受付時間 平日 9:30〜 18:00
相談時間 平日 9:30〜 18:00(土・日・祝日応相談)

メールでのお問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

刑事事件のご相談は美咲総合法律税務事務所へ

025-288-0170

受付時間 平日 9:30〜 18:00
相談時間 平日 9:30〜 18:00(土・日・祝日応相談)

メールでのお問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら